流れは学法石川!降雨中断明け「逆転」 日大東北に8-3勝利

 
【学法石川―日大東北】7回裏学法石川1死二塁、山田の適時打で生還し、ベンチの仲間とハイタッチで喜ぶ二走倉田=ヨーク開成山スタジアム

 第72回秋季東北地区高校野球県大会第3日は13日、いわき市のいわきグリーンスタジアムなど3球場で5試合が行われ、福島商は延長の末、白河に9―8で勝利し、8強入りした。福島市のあづま球場で行われた第2試合の「東日大昌平―聖光学院」は四回途中で雨天のため中断し、そのままノーゲームとなった。

 学法石川・佐々木監督「5回までに点を取れば流れが来る」

 中盤に打線が機能した学法石川が逆転勝ちした。3点を追う4回は1死二塁で黒川の適時三塁打で1点をかえし、連続四球にで2死満塁とすると倉田の適時三塁打で3点を加えて一気に逆転した。7、8回に計4点を加え、勝利を決定づけた。日大東北は中盤以降は3安打で打線が振るわなかった。

 降雨による36分間の中断をはさみ、流れは学法石川に大きく傾いた。「5回までに点を取れば流れが来る」。ナインは佐々木順一朗監督の言葉をプレーで体現、逆転に成功した。

 再開直後だった。3点を追う4回裏、3番倉田春也(1年)に打席が回ってきた。1点を返して2死満塁の場面。初球のスライダーをフルスイングすると、センターを越える走者一掃の適時三塁打となり、試合をひっくり返した。

 ナインの目標は遠ざかっている甲子園出場だ。倉田は「全ての試合が甲子園につながっている。気を抜かず謙虚に臨みたい」と表情を引き締めた。

 【9月13日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第3日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島県大会進出「23校」決定 春季高校野球支部予選・日程終了