学法石川、3回『大量点』で逆転! 恐怖の8番・黒川が本塁打

 
【学法石川-湯本】3回裏学法石川2死三塁、2点本塁打を放ち本塁を踏む黒川=あづま球場

 学法石川が3回に大量点を奪い、逆転勝ちした。2点を追う3回は2死無走者から保科の2点適時三塁打や黒川の2点本塁打など5安打を集中して一挙6点を挙げて逆転。投げては2回途中から継投した立石が無失点に抑え、流れを呼び込んだ。湯本は9安打を放ち得点圏に走者を進めたが、好機を逸した。

 3回に2点本塁打を放った学法石川の8番黒川凱星(1年)は人差し指を立て、公式戦初本塁打をアピール。「打った瞬間、気持ち良かった」と声を弾ませた。

 中学時代は京葉ボーイズ(千葉県)の主将として、ボーイズリーグの大会で全国制覇を成し遂げた期待の星だ。佐々木順一朗監督から「なんで8番打者なんだと思われるようになれ」と言われ、「恐怖の8番になろう」と自らを奮い立たせて今大会を迎えた。

 本塁打で力を証明した黒川は「8番打者としての役割を果たし、打つべきところに打てるよう確実に決めていく」と意気込んだ。

 【9月19日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第5日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

男子・学法石川が「10連覇」 福島県高校駅伝、全区間で区間賞