いわき対決!東日大昌平に『軍配』 磐城に5-3、終盤に逆転

 
【東日大昌平―磐城】試合終了後、2年連続の準決勝進出に沸く東日大昌平ナインと天を仰ぐ磐城の佐藤綾(左)=いわきグリーンスタジアム

 東日大昌平が終盤の好機を生かし逆転勝ちした。2点を追う7回は四球で出た走者を足がかりに相手投手の暴投や星の適時打で同点に追い付いた。9回は敵失と野選で好機を広げ、捕逸と押し出し四球で2点を奪って勝ち越した。磐城は序盤にリードしたが、失策や四球が絡む失点が多かった。

 いわき支部同士の対決を制し、2年連続で準決勝に駒を進めた東日大昌平。主将菅原立稀(2年)は「磐城はすごい集中力だった。我慢して流れを引き寄せることができた」と振り返るように、少ない好機で得点する試合巧者ぶりが光った。

 リードされる展開だったが、「焦る必要はない。チャンスは来るからしっかりやっていこう」。伊藤博康監督の期待に応えたのは2点を追う七回だった。

 相手の暴投で1点を返すと、2死三塁の場面で打席に立ったのは1番星航汰(2年)。「1番打者として、狙った球を1球で仕留めようと思っていた」。思い切りバットを振り抜くと、中前適時打となり試合を振り出しに戻した。星は9回にも右前打で好機を広げ、得点に絡んだ。

 「これまでの大会ではベンチで先輩たちの悔しい思いを見てきた。必ず東北大会に進みたい」と星。自身のバットでチームを勝利に導く覚悟だ。

 【9月19日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第5日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

男子・学法石川が「10連覇」 福島県高校駅伝、全区間で区間賞