打倒私学!福島商、勢い続く『豪打』 学法石川、序盤大量失点

 
【学法石川―福島商】3回表福島商1死満塁、渡辺の2点適時打で生還する二走佐藤陸=いわきグリーンスタジアム
準決勝
1
2
3
4
5
6
7
8
9
福島商
2
0
3
0
0
3
0
0
0
8
学法石川
0
1
0
0
1
0
2
0
3
7

 福島商が学法石川の投手陣を打ち崩した。初回は田中と飯塚の適時打で2点を先取。3点リードの6回は先頭の渡辺、熊坂、浅倉の3連打と比金の2点適時打などで3点を奪って突き放した。学法石川は終盤に猛追。福島商のエース浅倉を攻め立て1点差まで詰め寄ったが、大量失点が響いた。

 福島商が21年ぶりの秋の県王者に王手をかけた。準々決勝で秋季県大会の新記録となる27得点を奪った攻撃陣がこの日も火を噴いた。

 甘い球は逃さない。早いカウントからの積極的な打撃が目立った。ハイライトは計6点を奪った3回と6回の攻撃だ。3回に2点適時打を放った6番渡辺晴統(2年)は「しっかりバットを振れている。打線に切れ目がなく、一振りで捉える持ち味が出ている」と胸を張った。

 ナインの言葉からは練習に裏打ちされた自信がのぞく。「強豪私立と互角に戦うためには打ち勝たないといけない」。渡辺真也監督は私学勢に対抗するため、打撃力の強化を掲げ、明確なスイング数を提示した。

 ナインは毎日500スイングをこなしてきた。練習の中では特徴的なフリー打撃にも取り組んだ。最後の5分間は打者が1球ごとに打席を交代、1球で仕留める勝負強さを鍛えてきた。

 秋の大会で掲げた「支部優勝」と「東北大会出場」の二つの目標を達成したが、満足はしていない。「強豪私立に勝ちたくて、福島商に来た。ここまできたら優勝したい」と渡辺。遠ざかっている優勝を成し遂げ、古豪復活ののろしを上げる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

男子・学法石川が「10連覇」 福島県高校駅伝、全区間で区間賞