初の東北諦めない!相馬東は3位決定戦へ 気持ち切り替え次戦

 
【相馬東―東日大昌平】準決勝で敗れ、ベンチに引き揚げる相馬東ナイン

 相馬東は初めての東北大会出場に向け、気持ちを切り替えた。主将渡部瑛士(2年)は「3位決定戦が残っている。落ち込んでいてもしょうがない」と表情を引き締めた。

 秋季県大会で初めて勝利すると、4強まで勝ち進んだ。初めての決勝進出は阻まれたが、試合後のナインは次戦を見据え、表情は明るかった。

 3位決定戦は、連戦の疲労から1回のみの投球となったエース笠松航汰(2年)が先発のマウンドに上がる可能性が高い。相馬東ナインが総力戦で次戦に臨む。

 【9月21日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第6日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 学法石川先制...中盤に『落とし穴』