相馬東、東北出場へ正念場...「力んだ」 初回の3点守りきれず

 
【相馬東―学法石川】試合終了後、スタンドに向かってあいさつする相馬東ナイン

 初めての東北大会出場を目指した相馬東は本塁打に泣いた。エース笠松航汰(2年)は「(打たれた瞬間は)レフトフライかと思った。力んでしまった」と失投を悔やんだ。

 連戦の疲労から準決勝の先発登板は回避。1回のみの投球にとどめ、体調を整えて臨んだ先発のマウンド。120キロ台中盤の直球と、大きく曲がるカーブなど4種類の変化球で挑んだが、学法石川打線につかまった。

 相双支部のチームとして2003年に双葉が出場して以来、17年ぶりの秋季東北大会出場を狙った大会だった。笠松は「仲間の力を感じた秋だった。4強に勝ち上がったことを過信せず、冬の練習を頑張りたい」と力を込めた。

 【9月22日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・最終日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

男子・学法石川が「10連覇」 福島県高校駅伝、全区間で区間賞