勝利の立役者!東日大昌平・鈴木『完璧救援』 7回以降無失点

 
【一関学院―東日大昌平】6回途中から登板し、無失点に抑えた東日大昌平の鈴木

 6回途中から継投した東日大昌平の鈴木飛呂夢(1年)が勝利の立役者となった。「得意球のスライダーを有効に使えた」と振り返るように、7回以降を無安打、無失点に抑える好投を見せた。

 球が浮き始めたエース矢板裕大(2年)からマウンドを引き継ぐと、反撃で勢いづく一関学院打線に立ちはだかった。伊藤博康監督が「高校生ではなかなか打てない」と評する縦横2種類のスライダー主体の投球で反撃を封じた。鈴木は「緊迫した試合で冷静に投球できた。次も自分の持ち味を生かしたい」と話し、自信をつかんだ様子だった。

 【10月15日の福島県代表・試合結果】秋季高校野球東北大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ふくしま駅伝、会津若松が総合V 町の部・石川、村の部・西郷