東日大昌平・室塚、気迫のプレー!仲間『鼓舞』 2安打2打点

 

 来春のセンバツ出場を懸けた第73回秋季東北地区高校野球大会第3日。東日大昌平の背番号「16」室塚幸一(1年)は2安打2打点と貢献し、負傷して抜けたレギュラーの穴を埋める活躍を見せた。

 「気持ちだけでも穴が埋まればと思ってプレーした」。初戦の一関学院戦で右手を負傷した佐藤壱聖(1年)に代わり、室塚は気迫のこもったプレーで仲間を鼓舞した。

 10点リードされた9回は反撃の主役となった。2死二、三塁から、センターの頭を越える2点適時三塁打を放つと、返球に手間取る中堅手の失策の間に本塁を踏んだ。

 積極的なプレーが光った室塚は「体を大きくして、いずれはレギュラーをつかみ取りたい」と言葉に力を込めた。

 【10月17日の福島県代表・試合結果】秋季高校野球東北大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ふくしま駅伝、会津若松が総合V 町の部・石川、村の部・西郷