6回に打者一巡の逆転劇、昌平打線ピンチで覚醒

 
【東日大昌平―湯本】6回裏東日大昌平無死二、三塁、2点適時二塁打を放った渡部航=ヨーク開成山スタジアム

 連覇を目指す前大会王者の東日大昌平が勝負どころで意地を見せ、3回戦進出を決めた。6回無死二、三塁の場面で逆転となる適時二塁打を放った渡部航史(こうし)(2年)は「自分の役割をしっかり果たせた」と安堵(あんど)の表情を見せた。

 5回に守備の乱れなどから奪われた4点が渡部航の心に火を付けた。「チームの雰囲気が悪かった。ここで仕留めないと次はない」と強気で打席に入り、張っていた外角の直球をはじき返した。渡部航のひと振りがチームに良い雰囲気を呼び戻し、打線が奮起。打者一巡の猛攻で一挙6点を挙げた。

 打線の中軸を担う渡部航は「プレッシャーをはねのけないと優勝はない」と強い思いだ。「一戦一戦しっかり戦っていく」。頂点を見据えるその目は闘志でみなぎっていた。

【9月16日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第2日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島県勢3主将が「闘志」 秋季東北高校野球、意気込みを語る