安積エースの誇り 半沢が初完封「マウンドは譲らない」

 
【福島明成―安積】9回を4安打で完封した安積のエース半沢=ヨーク開成山スタジアム

 最後の打者を打ち取ると心の中で「よっしゃ」と叫んだ。安積のエース半沢健太(2年)は、相手打線を散発の4安打に抑えて初の完封勝利。序盤の制球難を修正しての好投だけに「とてもうれしい」と声を弾ませた。

 「最初は思うように腕が振れなかった」。緊張でフォームを崩したという半沢は4回までに五つの四球を与えるなど、本調子ではなかった。しかし、仲間の攻撃中にブルペンで投球を修正し、変化球を軸にした配球に変更。3巡目に入った相手打線に的を絞らせず、要所を締める投球で得点を許さなかった。

 今秋からエース。歴史がある高校の「背番号1」に重みと責任を感じている。夏までチームを引っ張った先輩投手の小関達陽、橋本幸之介(ともに3年)のように、動じないプレートさばきが目標だ。

 中学までは捕手だった。投手への憧れから入学直後に石渕雅士監督に挑戦を志願したほど、エースへのこだわりは強い。「マウンドは絶対に譲らない」。完封で自信を深めたエースが、次戦もチームをけん引する。

【9月17日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第3日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島県勢3主将が「闘志」 秋季東北高校野球、意気込みを語る