小名浜海星、1年生主砲躍動 平商に8-1

 
【平商―小名浜海星】8回裏小名浜海星2死三塁、適時打を放つ西山=ヨーク開成山スタジアム

 第73回秋季東北地区高校野球県大会第4日は19日、BMI鶴沼球場(会津坂下町)など3球場で2回戦7試合が行われた。

 1年生4番打者が躍動した。4打数3安打3打点と快音を響かせた小名浜海星の西山竜成は「つないでくれた仲間の期待に応えられた」と喜んだ。

 序盤は緊張から思うようにバットが振れなかった。「空振り三振でいい」という指揮官の言葉で吹っ切れ、5回の3打席目からは思い切り振ることを意識。8回2死三塁では甘く入ったスライダーをとらえ、コールド勝ちを決める一打を放った。

 チームの目標はベスト8以上。「チャンスで1本打ってチームに貢献する」。頼もしい主砲が次戦もチームを引っ張る。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島県勢3主将が「闘志」 秋季東北高校野球、意気込みを語る