船引・村上、熊田が会心投手リレー 粘投で清陵情報打線抑える

 
【船引―清陵情報】(左)5回1失点で試合をつくった船引の村上(右)六回から継投し、無失点で好投した船引のエース熊田=白河グリーンスタジアム

 2人の粘投でリードを守り切った。船引は先発村上直也(2年)が5回1失点で試合をつくり、6回からはエース熊田英太(同)が無失点で試合を締めた。

 村上は声を張り上げ度胸満点の投球。チェンジアップがさえ、凡打の山を築いた。3回には自身の適時打で先制点をもたらし「流れを持ってきたかった」と投打で勝利を引き寄せた。

 村上からマウンドを引き継いだエース熊田もエンジン全開。変化球を見せながら球威のある高めの釣り球で仕留めるなど5奪三振。最終回は両足をつって走者を背負ったが、「バックを信じて投げ切れた」と最後までリードを守った。

 3回戦は小名浜海星との対決。柳沼誠監督は「打力のあるチーム。どこまで通用するか力試しになる」と両投手の好投を期待した。

【9月20日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第5日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島県勢3主将が「闘志」 秋季東北高校野球、意気込みを語る