学法石川・黒川主将、好調打線けん引 福島西に13-0コールド

 
【学法石川―福島西】3回表学法石川無死二、三塁、右前適時打を放つ黒川=白河グリーンスタジアム

 学法石川は16安打13得点と好打が光った。初回から相手投手を攻め立て、上野の適時打などで5点を先制。5回は2死三塁から6連打で4点を奪って福島西に13―0で5回コールド勝ちを決めた。

 2試合連続コールド勝ちと学法石川は打線が好調だ。この日2安打3打点の黒川凱星(2年)は「2死からでも得点できる」と、磨いた打力に手応えを得ていた。

 初回に右前へ2点適時打を放つと、3回の第2打席は無死二、三塁から再び右前にはじき返して追加点を挙げた。新チームの主将を務める黒川は「夏で負けた借りを返す。そしてセンバツ出場を決めるまで負けられない」と意気込んだ。

 【9月22日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第6日