日大東北捕手・堀米、攻守けん引で8強に導く

 
【須賀川―日大東北】7回表日大東北1死三塁、勝ち越しの中越え適時打を放つ堀米翔=白河グリーンスタジアム

 第73回秋季東北地区高校野球県大会第8日は25日、天狗山球場(白河市)など3球場で4回戦8試合が行われ、ベスト8が決まった。

 「自分も大きい舞台で活躍したいと思っていた」。7回に勝ち越し打を放った日大東北の堀米翔太(1年)はチームを8強に導き、胸を張った。

 1―1の7回1死三塁の場面。狙っていた直球をはじき返した。中堅手の頭を越す長打で走者を返し、三塁上で喜びを爆発した。

 捕手としては、夏の甲子園を経験した双子の弟涼太を含む投手陣を巧みにリードした。夏の甲子園は控えだったが、今大会は攻守でチームを引っ張るつもりだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島県勢3主将が「闘志」 秋季東北高校野球、意気込みを語る