いわき光洋決意、打撃を磨く 鈴木主将「力の差が見えた試合」

 
【いわき光洋―学法石川】初の東北大会出場に届かず敗れたいわき光洋ナイン

 「力の差が見えた試合だった」。いわき光洋の主将鈴木佑吾(2年)は相手打線との打撃を比較し、新たな目標に向けて切り替えた。

 東北大会初出場を目指し、エース鈴木天馬(同)を中心に守備からリズムをつくって勝ち上がってきた。課題として見えたのは打撃。安打で走者を出しても、後続の打者が続かず本塁が遠い場面もあった。

 「県内トップクラスの打撃を目指して練習に取り組んでいきたい」。鈴木佑は負けた悔しさを糧に、チームを進化させる立役者になるつもりだ。

 【9月29日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・最終日