聖光 序盤に集中打...逆転突き放し、東日大昌平にコールド勝ち

 
【聖光学院―東日大昌平】2回表聖光学院1死満塁、左翼線に逆転の3点適時二塁打を放つ高中=あづま球場

【秋季高校野球福島県大会・第3日】

◇あづま球場 ▽準々決勝第1試合(9時54分) 
聖光学院  1440200―11
東日大昌平 3000000―3
           (7回コールド)
▽二塁打 高中3、杉山(聖)立石(東)▽暴投 星名、古宇田(聖)稲川(東)
▽試合時間 2時間5分
▽審判 岩谷(球)吉田将、高橋、吉田陽

【評】聖光学院が序盤の集中打で突き放してコールド勝ち。逆転を許した直後の二回、満塁で高中が3点適時二塁打を放ち試合をひっくり返した。三回までに9点を奪った。東日大昌平は二回以降本塁が遠かった。(津村謡)

 切り込み隊長・高中、二塁打3本5打点

 聖光学院の切り込み隊長が次々と快音を響かせた。主将高中一樹(2年)は逆転の適時打を含む二塁打3本で5打点の活躍。「しっかり振っていこうという攻める姿勢が良かった」。役割を果たし、安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 初回に先制のホームを踏んだが、その裏に自身の失策から3点を奪われた。

 挽回の機会はすぐ訪れた。「切り替えて次のプレーに集中していた」と高中。二回1死満塁の場面で変化球を捉え、左翼線に運んだ。走者一掃の適時二塁打で逆転した。勢いはその後も止まらず、2試合連続のコールド勝ちに大きく貢献した。

 目指す主将像がある。前主将で二遊間を組んでいた赤堀颯(はやと)(3年)。「弱い部分を見せず、引っ張っていく姿を受け継ぎたい」。その赤堀と同じ背番号6、打順1番で今大会に臨んでいる。「良い準備をして厳しい気持ちで臨む」。2年連続の東北大会の切符獲得に向けて決意を口にした。