聖光延長サヨナラ ベスト4進出、学石は惜敗 秋季東北高校野球

 

 春の選抜高校野球大会出場につながる第75回秋季東北地区高校野球大会は第3日の13日、山形県の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたなどで準々決勝4試合が行われ、本県第1代表の聖光学院が準決勝進出を決めた。

 聖光学院は由利(秋田第2代表)と対戦し、3―2で延長11回の熱戦を制した。学法石川は延長12回、5―6で能代松陽(秋田第1代表)に敗れた。

 準決勝は14日に同スタジアムで行われ、聖光学院は東北(宮城第1代表)と対戦する。午前10時試合開始予定。