「全国高校駅伝」23日号砲 学法石川高男女、上位狙い『闘志』

 
レースでの健闘を誓う学法石川男女チーム=22日午後、京都市・ハンナリ-ズアリーナ

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会は23日、京都市の西京極総合運動公園陸上競技場を発着点に男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロで行われる。

 男子は都道府県代表の47校、記念大会の女子は都道府県代表と地区代表58校が出場する。本県代表は男女とも学法石川で男子は8年連続10度目、女子は6年連続6度目の出場。22日は同市体育館「ハンナリーズアリーナ」で開会式が行われ、選手らが本番での活躍を誓った。

 23日のレースは女子が午前10時20分、男子が午後0時30分スタート予定。

 前半仕掛け流れつくる

 【男子】力のある経験者4人を序盤の1~4区に配置した。前半からの積極的な仕掛けで、レースの流れを引き寄せる。

 エース区間の「花の1区」は県大会でも1区を走った櫛田を起用。調子の上がってきた小指がスピード自慢が集う2区で勝負する。けがから復活した松山は力のある留学生もそろう3区を担う。主将横田が下りの4区を走りきり、いずれも初出場の5区大塚、6区渡辺、7区国分に良い流れでつなげたい。

 松田和宏監督は「4区までエース級の4人が走る。何とか上位3校に食い込みたい」と話した。

 粘り発揮し20番台目標

 【女子】5人中4人が初出場。各校のエース級が集う1区は2年の赤間陽菜が務める。最長区間の難コースで流れに乗りたい。

 エース区間を引き継ぐ2区に熊谷、3区は昨年4区を走った井沢と3年生が続く。経験を生かし上位に食らいつきたい。4区は東北大会にも出場した大須賀を抜てき。最終5区の湯田に良い形でつなげたい。昨年はチーム過去最高の15位を達成した。今回は記念大会のため出場チームが多く混戦が予想される。

 全員が持ち前の粘りを見せることができれば目標の20番台、そして記録更新も見える。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島市チーム14年ぶり総合優勝 ふくしま駅伝、町の部は石川町