「郡山市まちなか子ども夢駅伝」なかまち夢通りで6月1日号砲

 

 2019郡山市まちなか子ども夢駅伝競走大会は6月1日、同市の「なかまち夢通り」で開かれる。

 今大会では元号が「令和」になって初の開催を記念し、大会特別協賛の酪王乳業が優勝カップを新調した。

 13回目の開催。幼稚園児から小学6年生までの男女8部門に150チーム、約800人が出場する。うすい百貨店前を発着点に、郡山ビューホテルアネックス前を折り返す1周450メートルのコースで、5人がたすきをつなぎタイムを競う。

 競技は午前9時45分スタート。特別ゲストに富士通陸上競技部の田中佳祐選手を迎える。

 大会は郡山市商店街等賑わいづくり事業とアサヒグループ商業コミュニティ助成事業で、同市中央商店街振興組合、市体育協会、福島民友新聞社でつくる実行委員会の主催、郡山商工会議所、市商店街連合会、福島中央テレビ、ふくしまFMの共催、酪王乳業の特別協賛、大東銀行、東北電力の協賛。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

師走の南相馬路さっそうと3300人熱走 野馬追の里健康マラソン