女子総合・道端カレンが初優勝 太平洋トライアスロンinいわき

 
【女子総合】けがからの復帰を果たし、初優勝した道端カレン=14日午後、いわき市・アクアマリンパーク

 復興の進むいわき市小名浜を舞台にした「太平洋トライアスロンinいわき」は14日、同市のアクアマリンふくしま周辺特設コースで行われた。9年ぶりに開かれた大会には、全国の"鉄人"185人が出場し、体力と気力を振り絞ってゴールを目指した。大会は、小名浜港1、2号ふ頭の海をスタートし、スイム1.5キロ、産業道路を周回するバイク40キロ、ラン10キロの計51.5キロのコースで競った。男子は鋤崎(すきざき)隆也(25)=千葉市、女子は道端カレン(40)=東京都=が総合優勝した。

 道端カレン、復帰戦「まさか」の栄冠

 股関節のけがを乗り越え、約1年半ぶりの"復帰戦"となった道端カレン(東京都)が大会復活後の初代女王に輝いた。「完走を目標としていただけに、まさか優勝できるなんて」。予期せぬ栄冠に、思わず笑みがこぼれた。

 モデル業をこなす傍ら、友人の誘いで2013(平成25)年に趣味で始めたトライアスロン。国内の大会に多数出場し、数々の優勝経験がある実力の持ち主だ。

 しかし昨年、股関節の負傷により2度の手術を受けた。その後、リハビリ生活を経て復帰。週3日程度、水泳と自転車の練習に励んできたが、股関節の不安から、ランニングの練習はゼロで臨んだ今大会だった。

 スイムとバイクを上位で駆け抜け、迎えた10キロのラン。「走れる喜びが原動力になった」。先行する選手を抜き去りトップへ躍り出ると、そのまま歓喜のゴールに飛び込んだ。優勝は神奈川県で17年10月に開かれた川崎港トライアスロンin東扇島以来となった。

 「沿道からの応援に元気をもらい、とても走りやすかった。またここでレースがしたい」。見事な復活劇を見せた道端は「東北を元気づけたい」と声援に感謝した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし