「みちのくマラソン」スタート 間寛平さんら駅伝方式でつなぐ

 
「みちのくマラソン」スタート前に、ポーズを取るタレントの寛平さん(手前中央)ら=27日午後、相馬市・原釜尾浜海水浴場

 東日本大震災の被災地に元気を届けようと、タレントの間寛平さん(70)らが本県、岩手、宮城の3県を駅伝方式でつなぐ「みちのくマラソン」が27日始まり、第1走者の寛平さんが相馬市の原釜尾浜海水浴場からスタートした。ゴールは8月9日の予定。

 寛平さんは「8年前から被災地をずっと見てきたが、ちょっとずつ復興に向けて頑張っている。景色も変わってきててうれしい」と語り、往年のギャグ「アメマー」を披露。海水浴客らとハイタッチを交わしながら出発した。

 マラソンは2012年に始まり、今年で8回目。寛平さんや吉本興業所属のお笑いタレントら15人が参加し、今年4月、東京電力福島第1原発事故による避難指示が一部で解除された大熊町や宮城県石巻市など18市町村を経由、岩手県釜石市まで約50キロを走る予定だ。マラソン出発と同時開催で、同海水浴場で相馬青年会議所の創立50周年記念事業「そうまの海で学ぼう!作ろう!遊ぼう!」が開かれた。各種体験ブースが設けられ、間さんや「はんにゃ」「トータルテンボス」らお笑いタレントが来場者と、ギャグを交えた体操やウオーターサバイバルゲームなどを楽しんだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 24校が闘志!センバツへの道