急斜面でたすき!ゲレンデ逆走「駅伝」 猪苗代・沼尻スキー場

 
急斜面でたすきをつなぐ参加者

 猪苗代町の6スキー場が企画した「GAMBARUZO!ふくしまゲレンデ逆走マラソン2019」の第4戦は3日、同町の沼尻スキー場で開かれ、ランナーたちが急斜面でたすきをつなぐ駅伝に挑んだ。

 第4戦は「みんなで走れば怖くない!第7回ゲレンデ逆走駅伝」と題して行われ、県内外から過去最大の517人が出場。1区2.3キロ、2区1.8キロ、3区2.1キロ、4区4キロの計約10キロで、ソロや2~4人駅伝の各部門で健脚を競った。福島市出身のタレントなすびさんも子どもたちと「チームなすび」を結成して4人駅伝の部に出場した。

 第5戦「回った数だけ賞品もらえる!3時間ゲレンデ耐久レース」は9月14日、同町のファミリースノーパークばんだい×2スキー場で開かれる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

『晩秋の喜多方路』1088人走る! 蔵のまち喜多方健康マラソン