「福島県中学駅伝」4日号砲 いわきで男女各33校たすきつなぐ

 

 第62回県中学校体育大会駅伝競走大会は4日、いわき市の21世紀の森公園内コースで開かれる。地区大会を勝ち抜いた男女各33校が出場し、優勝を目指してたすきをつなぐ。

 コースは女子が5区間約12キロ、男子は6区間約18キロ。女子は午前10時、男子は同11時30分にスタートする。男女の優勝校は12月14、15の両日に滋賀県で開かれる全国大会への出場権を得る。上位6校などは30、31の両日に福島市で開催される東北大会に出場する。

 開始式が3日、いわき市の同公園で行われ、選手ら約500人が出席した。菊地裕二県中学校体育連盟会長らがあいさつし、選手を激励した。

 選手代表の志賀陽樹さん(中央台南3年)と小野真緒さん(勿来一3年)が「令和という時代の幕開けにふさわしい、新たな伝統を築く走りをしたい」と宣誓した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

『晩秋の喜多方路』1088人走る! 蔵のまち喜多方健康マラソン