田村が男女2位 福島県高校駅伝、男子「東北で必ず全国切符」

 

 男子第64回、女子第37回県高校駅伝競走大会は24日、猪苗代町総合体育館前を発着点に、男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロで行われ、男女とも学法石川が優勝した。

 両チームは12月22日に京都市で開かれる全国高校駅伝大会に出場する。男女の上位各5チームは11月7日に山形県長井市で開かれる東北大会に出場する。

 男子は全国大会が第70回の記念大会のため各地区に1校ずつの出場枠が与えられており、東北大会で各県の優勝校を除いて最上位になれば、全国大会の出場権を得られる。

 【田村・男子】

 「1区から学法石川の強さを感じるレースだった」と2位に入った男子の田村の佐藤修一監督は振り返った。長い距離に対応できるようロードで距離走の練習を重ね、1キロ3分ペースで走ろうと臨んだが、王者の走りに「全く穴がない」と脱帽した様子だった。

 3区を走った主将の石井楓馬(3年)は「挑戦者としての自分たちの心構えより、学法石川の王者のプライドの方が上だった」と悔しさをにじませた。しかしまだ東北大会で都大路行きのチャンスはある。「必ず全国への切符を獲得したい」と次を見据えた。

 【田村・女子】

 遠ざかる学法石川の背中を最後まで捉えることができなかった。女子の田村の4区を走った主将山中友紀野(3年)は昨年に続く2位に「悔しいけれど自分たちの実力。東北大会で上を目指したい」と声を絞り出した。

 昨年も走ったメンバーが名を連ねた。「今までのみんなの頑張りを無駄にしない」と、力走したアンカー大森美優(2年)。フィニッシュ後の涙がメンバーの気持ちを物語っていた。

 「今年こそ都大路に、という思いだった」という山中。「東北大会でいい結果を出したい」と前を向いた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

柏原竜二さん『走り方』伝授 サンシャインマラソンまで1カ月