「東日本女子駅伝」10日スタート 5年ぶりの入賞目指す福島県

 

 第35回東日本女子駅伝競走大会は10日、福島市の信夫ケ丘競技場を発着点に行われる。午後0時3分スタート予定。

 18都道県の女性ランナーが9区間、42.195キロでたすきをつなぎ、東日本の頂点を目指す。昨年12位の本県は、ふるさと選手の折笠有彩(しまむら、田村高卒)を主将に、実業団、大学生、高校生、中学生ランナーたちが5年ぶりの入賞を目指す。

 東北陸上競技協会と福島テレビの主催、福島陸協の主管、日本陸上競技連盟、県、県体協、福島市などの後援。

 開会式は9日午後3時から福島市の福島テルサで行われる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

『晩秋の喜多方路』1088人走る! 蔵のまち喜多方健康マラソン