「市民ランナー」17部門健脚競う 福島・信夫の里健康マラソン

 
力走する選手たち

 第36回信夫の里健康マラソン大会は24日、福島市の信夫中を発着点に開かれ、市民ランナーたちが入賞を目指して駆け抜けた。

 信夫地区体協の主催、信夫学習センターと福島民友新聞社の後援。17部門に277人がエントリーした。開会式では高橋花奈さん(平田小)が選手宣誓した。雨が降る悪条件にも負けず、ランナーたちが健脚を競った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

エースが区間賞!相沢晃、松山和希 全国都道府県対抗男子駅伝