男子連覇へ東洋大・相沢ら選出 都道府県対抗駅伝・福島県選手団

 

 福島陸上競技協会は17日、来年1月の男子第25回、女子第38回の全国都道府県対抗駅伝競走大会の本県選手団を発表した。本県男子は前回大会で東北勢初の優勝を飾っており、今大会は連覇が懸かっている。

 男子は、学生長距離界のエースと評される相沢晃(東洋大4年、学法石川高卒)がエントリー。主将は全日本実業団対抗駅伝などで活躍する円井彰彦(マツダ、田村高卒)が務め、10月の奥羽横断駅伝競走大会で2日連続区間賞を獲得した蛭田雄大(東邦銀、学法石川高卒)も名を連ねる。高校生は学法石川高から松山和希、渡辺亮太(3年)らが選ばれた。

 前回大会32位だった本県の女子は、ふるさと選手として、小沢夏美(日立、田村高卒)と田辺美咲(三井住友海上、同)、鈴木葵(ニトリ、福島明成高卒)が出場し、小沢が主将を務める。大学生は渡辺唯(国士舘大3年、田村高卒)、高校生は菅野未来、湯田真奈美、大須賀ミウ(学法石川高3年)らが選ばれた。

 大会は男子が来年1月19日に広島市などで、女子が同12日に京都市で開かれる。

 ◇男子 ▽選手=円井彰彦(マツダ、田村高卒)蛭田雄大(東邦銀、学法石川高卒)相沢晃(東洋大4年、同)松山和希(学法石川高3年)渡辺亮太(同3年)藤宮歩(同1年)山口智規(同1年)大橋清陽(猪苗代中3年)川田聖真(中央台南中3年)白井恒成(高田中3年)▽団長=鈴木浩一(福島陸協会長)▽副団長=三浦武彦(福島陸協理事長)▽監督=安西秀幸(安西商会)▽コーチ=松田和宏(学法石川高教)佐藤修一(田村高教)▽支援コーチ=向田祐樹(日大東北高教)武石昌之(福島四中教)横山永哉(高田中教)▽トレーナー=桑井太陽(サンイリオス桑井鍼灸治療院)▽マネジャー=小泉元(いわき翠の杜高教)

 ◇女子 ▽選手=小沢夏美(日立、田村高卒)田辺美咲(三井住友海上、同)鈴木葵(ニトリ、福島明成高卒)渡辺唯(国士舘大3年、田村高卒)菅野未来(学法石川高3年)湯田真奈美(同3年)大須賀ミウ(同3年)長谷川莉子(同2年)大河原萌花(同1年)矢内楓恋(日大東北高2年)三科文(西郷一中3年)小野真緒(勿来一中3年)田子明花莉(石川中2年)▽強化育成選手=馬場理奈(若松一中2年)▽団長=長谷川貞雄(福島陸協副会長)▽副団長=三浦武彦(福島陸協理事長)▽監督=阿部縁(桃陵中教)▽コーチ=畑中良介(田村高教)渡部裕也(若松一中教)▽支援コーチ=斉藤修(郡山萌世高教)菅野悟史(福島東高教)近藤仁一(石川中教)▽トレーナー=稲垣良輔(だいとう整骨院)▽マネジャー=三浦善和(いわき光洋高教)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ランナー『無念』...もう一度チャンスを 聖火リレー直前で中止