半沢黎斗さん「広野の活力へ走る」 成人式、箱根駅伝活躍誓う

 
友人との再会を喜ぶ半沢さん(右)

 県内各地で12日に行われた成人式には、本県期待のアスリートも出席。故郷で迎えた人生の節目に、一層の飛躍を誓った。

 「町が前に進む活力となるような走りを見せたい」。広野町の成人式には、今年の箱根駅伝に出場した半沢黎斗さん(早大2年)が出席。来年の箱根路での活躍を誓った。

 小学5年の時に東日本大震災と東京電力福島第1原発事故が発生。同町出身の半沢さんはいわき市に避難し、古里の仲間たちと離れ離れの生活を送った。学法石川高に進学し、復興にどう貢献できるかを考えた時に「メディアを通して頑張っている姿を見せることが、自分にできる最大限の復興」と、箱根駅伝出場を目指して陸上に打ち込んできた。

 式では、約9年ぶりに再会した友人や保護者から箱根駅伝での健闘をたたえる声が飛び交った。「箱根駅伝の注目度の高さを実感した。高校時代に描いていた夢が実現し、成人式を迎えられてうれしい」と半沢さん。ただ、今年は6区区間19位に終わっただけに「満足はしていない。応援してくれる地元の皆さんのためにも、来年はより活躍したい」と力を込めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

最後の夏!学法石川「3年生のみで臨む」 高校野球・代替大会