【レース展望】V争い中心は福島県 全国都道府県対抗男子駅伝

 

 19日に広島市で行われる第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会。本県チームはけがや体調不良で起用区間の変更もあったが、昨年優勝メンバー3人を擁するなど各世代で全国上位の記録を持つランナーがそろう。優勝争いの軸となり、大会史上4チーム目の連覇を狙う。

 全国高校駅伝5位入賞メンバーの渡辺亮太(学法石川高)を1区に抜てき。2区は全中1500メートル7位の白井恒成(高田中)が勢いづける。高低差のある8.5キロを走る3区は、蛭田雄大(東邦銀行)を起用。蛭田は昨年10月の奥羽横断駅伝競走大会で2日連続区間新をマークするなど自己ベストは実業団選手にも劣らない。前半の3区までで上位につけたい。

 4区は昨年まで中学生区間を任されてきた藤宮歩(学法石川高)が初の高校生区間で力を発揮する。高校区間最長8.5キロの5区は、2年連続で松山和希(同)が任された。全国高校駅伝1区で2位と好走した松山の快走が連覇の絶対条件になりそうだ。

 もう一つの中学生区間となる6区は、大橋清陽(猪苗代中)が走る。初めての広島路で粘走し、2年連続アンカーの相沢晃(東洋大)にいい位置でたすきをつなげたい。安西秀幸監督は「3区までで上位につける。前半から積極的なレースをしてほしい」と理想のレース展開を語る。

 コンディションが上がらずメンバーから外れた主将の円井彰彦(マツダ)は「相沢(晃)をはじめ、日本のトップでやっている選手がそろっている。連覇がかかっているが、プレッシャーに感じるのではなく、みんな明日が来るのを楽しみにしている」と意気込みを語った。

 福島県2連覇へ19日号砲!都道府県男子駅伝 アンカーは相沢晃

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

最後の夏!学法石川「3年生のみで臨む」 高校野球・代替大会