「てるてる坊主」に晴天願う木札 いわきサンシャインマラソン

 
てるてる坊主にお守りを付ける清水市長(右)と坂本会長

 いわき市で23日に行われる第11回いわきサンシャインマラソンの実行委員会は13日、市役所で開催10日前イベントとして「晴天祈願」を行い、関係者が大会当日の好天を願った。

 2014(平成26)年の第5回大会が雪により中止となり、第6回大会から祈願を続けている。昨年の第10回大会も積雪により中止となっており、実行委会長の清水敏男市長らが「今年こそは」と、てるてる坊主に願いを込めた。

 今年は日本で唯一天気をつかさどるとされている、東京都の気象神社で祈祷(きとう)を受けた木札に願いをささげた。清水市長と実行委副会長の坂本満恵市体育協会長が、木札を入れた巾着袋をてるてる坊主に掛けた。清水市長は「皆さんの思いをてるてる坊主に寄せてほしい」などとあいさつした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ランナー『無念』...もう一度チャンスを 聖火リレー直前で中止