サンシャインマラソン...連続参加者割り引き 21年2月28日号砲

 

 日本陸連公認フルマラソン大会「いわきサンシャインマラソン」の第12回大会は、来年2月28日にいわき市で開かれる。26日に同市で開かれた実行委員会で、日程が承認された。

 実行委は、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった今年の第11回大会のエントリー者を対象に、第12回大会の参加料を割り引き、連続出場を促す。

 フルマラソンは第11回大会の7500円から2000円割り引いて5500円とし、全部門で参加料を割り引く。また、出場者でいわき湯本温泉に宿泊する人の宿泊費を割り引くなど、企業と連携した対策を検討する。第11回大会の繰越金を割引事業に活用する方針。

 フルマラソンを完走した人に贈るメダルについては、第11、12回大会に連続エントリーして完走した人にメダルを二つ贈る。また、第11回大会のエントリー者が優先的に第12回大会に出場できるよう調整する。実行委会長の清水敏男市長は「想定を超える事態が生じた場合のマニュアル作成にも着手したい」と述べた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「夏の甲子園」中止決まる 戦後初、福島県球児...消えた夢舞台