「東和ロードレース」中止決定 新型コロナウイルス感染症影響

 

 11月に二本松市で開かれる予定だった第51回東和ロードレース大会は、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった。

 同市や市体育協会、福島民友新聞社などでつくる実行委員会は、感染症の収束の見通しが立たないため、ランナーやボランティアら運営スタッフなどの安全の確保が難しいとして走者の募集を始める前に中止を決めた。

 大会長の三保恵一市長が29日、市役所で開いた記者会見で発表した。

 同大会は例年7月初めに開催されてきたが、今年は東京五輪が予定されていたことや熱中症への対応を考慮し、初めて11月に開催される予定だった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「夏季高校野球福島大会」対戦カード決定!初戦から強豪が激突