男子・高田が3連覇、女子・若松一3年ぶりV 全会津中学駅伝

 
母校のたすきを掛け力走する選手たち

 全会津中学校体育大会駅伝競走大会は3日、会津若松市の会津総合運動公園で開かれ、男子は高田が58分52秒で3連覇し、女子は43分45秒で若松一が3年ぶりに優勝した。

 男子は6区間17.95キロに42校、女子は5区間12.03キロに40校が出場した。男女上位6チームはいわき市で開かれる県大会に出場する。

 男子・鹿島、女子・中村一V 県中学駅伝相双予選会

 県中学校体育大会駅伝競走相双地区予選会は3日、南相馬市小高区の小高中周辺コースで開かれ、男子は鹿島、女子は中村一が優勝した。

 相双地区中学校体育連盟と福島陸上競技協会の主催。男子14チーム、女子13チームが出場した。男子は6区間18キロメートル、女子は5区間12キロメートルのコースを疾走、沿道に詰め掛けた保護者らが熱い声援を送った。男女の上位3チームは10月7日にいわき市で開かれる県大会に出場する。

 男子・矢吹、女子・西郷二V 県中学駅伝東西しらかわ

 県中学駅伝東西しらかわ 県中学駅伝競走大会東西しらかわ予選会は2日、白河市総合運動公園陸上競技場で開かれ、男子は矢吹、女子は西郷二が制した。

 東西しらかわ中体連の主催。選手たちは力走を披露した。男女とも上位4校が県大会に出場する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 学法石川先制...中盤に『落とし穴』