「ジャーニーラン」完走!郡山に到着 福島県自然に触れゴール

 
笑顔でゴールテープを切る参加者

 全国各地から集まったランナーが本県を駆け抜ける「第3回うつくしま、ふくしま。ジャーニーラン」が21日、最終日を迎えた。参加ランナーたちは関係者に拍手で迎えられ、笑顔でゴール地点の郡山市に到着した。

 ジャーニーランは、全国各地で同様のイベントを企画するNPO法人スポーツエイド・ジャパン(埼玉県)の主催。3日間で約300人が参加し、本県の豊かな自然に触れながらイベントを楽しんだ。

 今年は南相馬市をスタート地点とし、相馬市や福島市などを経由して郡山市を目指す123キロのコースと郡山市を出発し、猪苗代町や会津若松市などを巡り、郡山市に戻る127キロの2コースを実施した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

男子・学法石川が「10連覇」 福島県高校駅伝、全区間で区間賞