ジャマイカ流!もも上げ...千葉麻美さんが指導 速く走る練習法

 
千葉さん(左)の指導で、もも上げ運動に取り組む選手

 郡山市は26日、陸上女子400メートル日本記録保持者で北京五輪に出場した千葉麻美さん(矢吹町出身)を招いた陸上教室を開き、参加した中学、高校生が競技力を伸ばすための基礎を学んだ。

 短距離走を専門とする市陸上競技協会の選抜選手約30人が参加した。千葉さんは基本的な体の動かし方やトレーニングの方法などを解説した。

 千葉さんは陸上男子100メートルなどの世界記録保持者ウサイン・ボルトさんを生んだジャマイカの選手が実践しているという、もも上げ運動を紹介。膝が胸に付き、かかとが尻の付け根に付くほど膝を高く上げるといい、「速くできるようになればジャマイカの選手のように走れるようになるかも」と話した。選手らはレベルアップを目指して新たなトレーニングに精力的に取り組んだ。教室は11月7日にも開かれる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 学法石川先制...中盤に『落とし穴』