福島県勢は高宮祐樹、物江雄利ら計13人登録 東日本実業団駅伝

 

 第61回東日本実業団対抗駅伝(埼玉県熊谷スポーツ文化公園・陸上競技場発=7区間、76.4キロ)に出場する24チームのエントリー選手が21日発表され、東京五輪マラソン代表の中村匠吾(富士通)やマラソン日本記録保持者の設楽悠太(Honda)らが名を連ねた。県勢は9チーム計13人が登録された。各区間の選手登録は11月1日までに行われる。

 開催は11月3日午前9時。新型コロナウイルス感染防止策として、公園内の周回コースで実施される。

 県勢次の通り。

 ヤクルト=高宮祐樹(二本松工高卒)▽カネボウ=物江雄利(喜多方高卒)▽SUBARU=高本真樹(学法石川高卒)住吉秀昭(田村高卒)▽小森コーポレーション=橋本隆光(本宮一中卒)▽警視庁=宮川慎太郎(白河高卒)山田攻(学法石川高卒)▽コモディイイダ=木田貴大(学法石川高卒)▽八千代工業=柳原貴大(会津学鳳高卒)山本竜也、真船恭輔(学法石川高卒)▽NDソフト=小針旭人(学法石川高卒)▽TRACK TOKYO=山口大徳(会津工高卒)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ふくしま駅伝、会津若松が総合V 町の部・石川、村の部・西郷