知的障害者ら合算185キロ走破達成!郡山・オンラインマラソン

 
マスク姿で懸命に走る参加者ら

 NPO法人スペシャルオリンピックス日本・福島は7日、全国の知的障害者らの総走行距離の合算で世界一周を目指す「オンラインマラソン2020」を盛り上げようと、郡山市で独自のイベントを開いた。県内の知的障害のあるアスリートや家族ら68人が計185.02キロの道のりを走った。

 オンラインマラソンは新型コロナウイルスによる大会中止などを受け、障害者アスリートに新たな目標を与えようとスペシャルオリンピックス日本(SON)が企画。期間中(10月1日~12月10日)に全国の参加者がそれぞれの場所で走り、合計走行距離をオンライン上で公開、参加者全員で世界一周の距離を目指す。

 開成山陸上競技場で行われたイベントでは、参加者が30分間で走った距離を測定した。開会式にはSON理事長で女子マラソン五輪2大会連続メダリストの有森裕子さんがオンライン出演し、「走りを通して全国の仲間とつながってほしい」とエールを送った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「箱根駅伝」5監督トークバトル!青学大・原監督『絆大作戦』