相沢晃選手と阿部弘輝選手に「幸吉賞」 須賀川市創設、初の授与

 

 須賀川市は4日、陸上男子長距離の相沢晃(23)=旭化成、学法石川高卒=と阿部弘輝(23)=住友電工、学法石川高卒=の両選手に、国際大会で入賞した同市出身、在住者をたたえる第1回「幸吉賞」を授与すると発表した。

 同賞は、同市出身で1964(昭和39)年東京五輪マラソン銅メダリスト円谷幸吉の顕彰とスポーツ振興に向け、市が本年度に創設した。相沢選手は2019年の第30回ユニバーシアード競技大会男子ハーフマラソンで金メダル、阿部選手は同1万メートルで銀メダルを獲得した功績で受賞した。

 また市は、本年度創設した市オリンピック・パラリンピック強化指定選手奨励金として、東京五輪代表に内定している相沢選手と、車いす卓球の吉田信一選手(55)=情報通信研究機構、同市出身=に50万円を贈る。市は、新型コロナウイルス感染防止のため、5日に予定していた表彰式と奨励金交付式を中止する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

到着1、2時間前倒し 聖火リレー、Jヴィレッジ9時40分出発