「聖火リレー式典」予約開始 3月14日まで福島県内在住者限定

 

 県は26日、県内を3月25~27日の日程で巡る東京五輪聖火リレーについて、各日のゴール地点で聖火の到着を祝う式典の観覧受け付けを始めた。新型コロナウイルス感染症予防のため、事前予約が必要。県内在住者限定で、専用のウェブサイトから申し込む。申し込みは3月14日まで。

 本県の聖火リレーは公道で実施する方針が示されている。式典では、各日とも最終聖火ランナーの到着を祝うセレモニーのほか、聖火皿への点火などを計画している。オープニングイベントとして、各日の到着地点になじみが深い本県伝統文化を披露し、聖火の到着を盛り上げる。

 25日は南相馬市がゴール地点。相馬野馬追にちなみ、騎馬武者などが登場する。会津若松市に到着する26日は会津彼岸獅子の演舞や白虎隊剣舞を披露する。本県リレーを締めくくる27日は郡山市がゴールで、和太鼓演奏が繰り広げられる。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、いずれも定員を設けており、東京五輪・パラリンピック組織委員会は、会場内で大声を出さずに拍手による応援などを呼び掛けている。

 問い合わせは実行委(電話024・983・9415、平日午前10時~午後5時)へ。

 東京五輪【聖火リレー】福島県内スケジュール(21年3月25日~27日)

 東京五輪【聖火リレー】福島県新ルート(21年3月25日~27日)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖火リレー、福島県内3日間フィナーレ!つないだ火、紡いだ思い