「いわきサンシャインマラソン」第13回大会開催日5月に再協議

 

 いわきサンシャインマラソン実行委員会は30日、いわき市で会合を開き、第13回大会の開催日決定を見送った。新型コロナウイルスの感染状況やワクチン接種の進行状況を見極めるためで、開催日については5月の会合で協議することを確認した。

 会合ではこのほか、新型コロナの影響で中止となった第12回大会の代替イベント結果を報告。スマートフォンアプリを活用して任意の場所や回数を走ることで走行距離を記録できる「オンラインマラソン」には、市内外から2003人が参加し、走行距離が42.195キロ以上だったのは1700人だった。

 また、コース上の5カ所に設置したQRコードをスマートフォンで読み取り、仮想上の大会風景などを撮影できる「ARマラソン」のアクセス数は1144件で撮影数は867件だった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

日大東北、18年ぶりV!夏の高校野球福島 光南に5-4