ももの里マラソン代替大会、10キロの挑戦始まる

 
伊達市の保原総合公園周辺を走るランナー=28日午前

 新型コロナウイルス感染防止のため、「第60回記念 伊達ももの里マラソン大会」の代替大会となる「DATE MOMONOSATO 2021 オンライン」が28日、始まった。9月12日までの期間中、参加者はスマートフォンのアプリを活用し、好きな時間、場所で10キロ走った記録で競う。

 大会は伊達市や同市教委などでつくる実行委員会の主催、福島民友新聞社などの共催。

 全国から計1969人がエントリーした。内訳は男子が18~39歳の部147人、40~59歳の部695人、60歳以上の部196人、女子が18~39歳の部133人、40~59歳の部676人、60歳以上の部122人となった。エントリーはすでに締め切っている。各部門上位6人には賞状や盾が贈られる。参加者全員には市特産のモモ1・5キロを贈った。問い合わせは実行委事務局の市スポーツ振興公社(メールmomosato@date-sports.com)へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島県勢3主将が「闘志」 秋季東北高校野球、意気込みを語る