東日本女子駅伝11月14日号砲 2年ぶり開催、信夫ケ丘競技場発着

 

 第36回東日本女子駅伝は11月14日、福島市の信夫ケ丘競技場を発着点に9区間42.195キロのコースで行われることが決まった。午後0時3分スタート予定。主催者の福島テレビが16日発表した。

 昨年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため初の中止となり、今年は2年ぶりの開催となる。

 東日本から本県チームを含む18都道県が出場し、中学生から社会人までの女性ランナーがたすきをつなぐ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島県勢3主将が「闘志」 秋季東北高校野球、意気込みを語る