高田が3連覇飾る、県最高記録を塗り替え 福島県中学駅伝・男子

 
先頭でゴールに入る高田のアンカー猪股(3年)=楢葉町総合グラウンド

 駅伝の第64回県中学校体育大会は6日、楢葉町総合グラウンドで男子のレースが行われ、高田が54分16秒の県最高記録で3連覇を飾った。

 地区大会を勝ち抜いた33校が出場し、6区間17.70キロでたすきをつないだ。高田は、1区の中盤から首位に立つと、6区まで一度も先頭を譲らず優勝をつかんだ。2位は郡山一、3位は若松一だった。高田は、12月19日に滋賀県で開かれる全国中学駅伝大会に出場する。

 1区から独走、全国へ万全

 6区間中5区間で区間賞という圧倒的走りで高田が3連覇を果たした。ガッツポーズでゴールテープを切った6区の主将猪股秀哉(3年)は「皆全力を出し切った。勝てて素直にうれしい」とすがすがしい表情を見せた。

 新型コロナウイルスの感染拡大で全国大会が中止となった昨年と、ほぼ同じメンバーで挑んだレースだった。「この仲間となら勝てる自信があった」と猪股。1区で吉田遼太朗(同)が飛び出すと、その後は一度も先頭を譲ることはなかった。目標の52分台後半には届かなかったが、54分16秒のタイムで県最高記録を塗り替えた。

 昨年は県大会を連覇しながら全国の舞台で走ることができず、悔しさを味わった。だからこそメンバーが最高学年となった今年、全国に懸ける思いは強い。日々の練習を大切にし、朝練には全員が参加。学校の近くの坂道を利用して足腰を鍛え上げた。「目指すは全中優勝。このチームで絶対に達成する」。猪股はそう言葉に力を込めた。(三沢誠)

【男子】

◇総合〈1〉高田54分16秒=県最高記録〈2〉郡山一55分45秒=県中学記録タイ〈3〉若松一56分43秒〈4〉郡山三56分59秒〈5〉若松四57分1秒〈6〉鏡石57分35秒〈7〉船引57分36秒〈8〉福島一57分45秒

◇区間賞 ▽1区=吉田遼太朗(高田)9分31秒▽2区=川島遥人(高田)8分49秒▽3区=吉野心人(猪苗代)8分57秒▽4区=秋山勇人(高田)9分13秒▽5区=遠藤莉空(高田)8分50秒▽6区=猪股秀哉(高田)8分54秒