福島県主将に学法石川高卒・石井 11月14日、東日本女子駅伝

 

 福島陸上競技協会は22日、第36回東日本女子駅伝競走大会の本県選手団を発表した。ふるさと選手の石井寿美(ヤマダホールディングス、学法石川高卒)が主将を務める。

 大会は11月14日に福島市の信夫ケ丘競技場を発着点に9区間42・195キロで争われる。結団式は同6日に同競技場で行われる。

 選手団次の通り。

 選手=石井寿美(ヤマダホールディングス、学法石川高卒、ふるさと選手)鈴木葵(ニトリ、福島明成高卒、ふるさと選手)金沢佳子(東北福祉大3年、福島明成高卒)大河原萌花(学法石川高3年)小島彩乃(同3年)小島さくら(同3年)佐藤瑠香(同2年)岩崎麻知子(同2年)平尾暁絵(同2年)田子明花莉(同1年)本馬心結(湯本一中3年)木戸望乃実(石川中2年)湯田和未(若松一中2年)佐藤舞歩(西郷二中2年、強化育成選手)

 ▽監督=阿部縁(信夫中教)

 ▽コーチ=畑中良介(田村高教)渡部裕也(若松一中教)▽支援コーチ=斉藤修(福島明成高教)松田和宏(学法石川高教)鈴木祐治(泉中教)

 ▽トレーナー=細田真砂代▽マネジャー=三浦善和(いわき光洋高教)