5月22日からエントリー開始 9月開催の伊達ももの里マラソン

 
来社した(右から)山内事業課長、遠藤事務局長、大友さん

 「第60回記念伊達ももの里マラソン大会」は9月4日、福島県伊達市の保原中央交流館前を発着点に開かれる。通常開催は3年ぶりで、22日から申し込みの受け付けを開始する。同市や市保原体育協会などでつくる実行委員会の主催、福島民友新聞社などの共催。

 レースは距離別に1キロ、2キロ、3キロ、5キロ、10キロの5コースで、年齢や親子参加などの区分別に28部門を用意する。猛暑を考慮して従来より1週間遅らせた。ランナーの密集を避けるため、参加者数をコロナ禍以前の6割の3000人程度に抑え、開始時間も1時間早い午前7時に設定した。

 ゲストランナーとして富士通陸上競技部の椎野修羅(しゅら)さん(22)が参加する。参加者全員にオリジナルTシャツなどが贈られ、最も遠方から来たランナーに贈る「遠来賞」、男女ごとの最高齢参加者に贈る「敢闘賞」などの特別賞もある。

 参加料は一般と親子が4500円、高校生が2000円、小・中学生が1500円。エントリーは7月7日まで専用サイト「ランネット」で受け付ける。問い合わせは伊達市スポーツ振興公社(電話024・597・6603)へ。

 実行委の事務局を務める同市スポーツ振興公社の遠藤直二事務局長、山内恵美子事業課長、大友弘恵さんは20日、福島民友新聞社を訪れ、参加を呼びかけた。