信夫山一帯駆け抜け 861人が健脚競う、パークランニング

 
861人が参加したランニング大会

 第10回信夫山パークランニングレース2022は22日、福島市の県護国神社を発着点に行われ、男子10キロ総合は川端純一さん、女子10キロは西本ふみさんがそれぞれ優勝した。福島青年会議所(JC)の主催。

 3キロ、5キロ、10キロの各部門を設定し、子どもから成人まで861人が参加。信夫山一帯を駆け抜け、健脚を競った。

 会場では、防災意識の高揚を図ろうと「防災減災のまちづくり」を同時開催した。車いすの移動体験や自動体外式除細動器(AED)の使い方講習などが行われ、家族連れらが楽しみながら防災について学んだ。

 ◇男子 ▽10キロ総合〈1〉川端純一▽同39歳以下〈1〉小林翔汰▽同40~49歳〈1〉中本洋平▽同50歳以上〈1〉梅津賢一▽5キロ〈1〉高橋良太▽3キロ中学生以上〈1〉宮竹南央哉▽同小学生〈1〉高橋一輝

 ◇女子 ▽10キロ〈1〉西本ふみ▽5キロ〈1〉高木はるみ▽3キロ中学生以上〈1〉渡辺明美▽同小学生〈1〉五十嵐友姫花

 ◇ペア ▽3キロ〈1〉大壁裕之・大壁柊天