福島千里さん、児童らに速く走るこつ伝授 須賀川で陸上教室

 
児童と一緒に走るなどして交流を深めた福島さん(中央)

 陸上女子100メートル、200メートルの日本記録保持者でオリンピアンの福島千里さん(34)は24日、福島県須賀川市の阿武隈小で開かれた陸上教室に参加し、児童らに速く走るこつを伝えた。

 教室はセイコーが企画し、3年生延べ約60人が参加した。福島さんは同社の「スマイルアンバサダー」として訪問。楽しみながら走力を高めるためのメニューを教え、児童と一緒に走るなどして交流を深めた。

 最後は、選ばれた児童と15メートル走で対決した。福島さんと走った吉田羚煌(れき)君(9)は「脚の動きがとても速くて勝てなかった。僕も福島さんのように速くなりたい」と目を輝かせた。