福島ユナイテッドにラッピング車 ネッツトヨタ福島寄贈

 
ラッピング車を贈った大沼社長(右)と、鈴木社長(左)、橋本選手

 ネッツトヨタ福島は20日、サッカーJ3の福島ユナイテッドFCに商用車「レジアスエース」のラッピング車を贈った。

 同クラブのオフィシャルクラブパートナーであるネッツトヨタ福島が、同クラブの活動を支援することで本県の発展と活性化につながればと贈った。

 レジアスエースはハイエースの姉妹車で、多くの荷物を積むことができ、燃費もいいのが特徴。車体にはチームエンブレムを入れた。

 福島市で贈呈式が行われ、ネッツトヨタ福島の大沼健弘社長が同クラブを運営するAC福島ユナイテッドの鈴木勇人社長、同クラブのMF橋本拓門選手にパネルを手渡した。

 大沼社長は「会社設立50周年の節目に何か形を残したいと考えていた。試合で頑張ってもらい、まちの活性化にもつなげてもらいたい」、鈴木社長は「大変ありがたい。普段の練習や遠征、イベントでも活用したい」と語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

『晩秋の喜多方路』1088人走る! 蔵のまち喜多方健康マラソン