「力が及ばず」 喜多方市役所・平林、スキー国体・成年男子B大回転

 
【成年男子B大回転】44位となった平林広一

 第74回国民体育大会冬季大会「イランカラプテくしろさっぽろ国体」スキー競技会第2日は15日、札幌市のサッポロテイネなどで各種目が行われた。

 3度目の国体出場となった成年男子B大回転の平林広一(喜多方市役所)は44位で競技を終えた。

 「30位以内が目標だったけれど力が及ばなかった」と残念がった。

 大学まで競技スキーを続けたが、社会人になってからは遠ざかっていた。転職を機に3年前に競技スキーの世界へ再び戻り、9月に県総体成年の部で初優勝し、県トップクラスの実力を証明した。

 上達への意欲は小学3年の息子がスキーを始めたことも理由の一つになっている。「一緒にスキーを楽しんでいきたい」と平林。目指すは親子での国体出場だ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし