日本代表に福島出身・加藤 ブラインドサッカー

 

 日本ブラインドサッカー協会は5日、「IBSA(国際視覚障害者スポーツ連盟)ブラインドサッカーワールドグランプリ2019」(19~24日・品川区天王洲公園)に出場する日本代表を発表し、福島県から加藤健人(33)=福島市出身、聖光学院高卒=が選ばれた。

 加藤は埼玉県のクラブチーム埼玉T.Wingsに所属。2007(平成19)年に日本代表に選ばれ、11年、15年のアジア選手権に出場している。

 大会には8チームが出場。日本(世界ランク9位)はグループリーグでスペイン(同4位)、コロンビア(同11位)、ロシア(同13位)と対戦する。上位2チームが準決勝に進む。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

サンシャインマラソン中止...「仕方ない」 ランナーら次回期待